ケータイ小説 野いちご

ボーダーライン

震える手とバスタオル





 翌日からしばらくは、真紀と接触することがなかった。

 半径五十センチ以内にいてもノータッチ。

 起きて、しばらくぼーっとして。

 それぞれ時間になったら仕事に行く。

 休みがかぶるのも日曜日くらいだし、暇な日はもっぱら二人でテレビを見て過ごした。

 たまに二人でラーメン屋やファミレスなどに飯を食いに行くことはあったが、腕を組んだり、添い寝したり。

 俺たちのラインを揺るがすようなことは何もない。

 共同生活は、極めて順調だった。




< 44/ 82 >