ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

続きは、社長室で。2

機鋒の、始まり。




“結婚しよう”


残像と重なるほど大好きだった笑顔を、再び見せてくれた瞬間から。



それまで真っ暗だった道は、貴方の光芒でキラキラと輝きを放ち始めた。




身分も世界も違う中で、臆するコトなく引き寄せてくれたね…?





比翼連理への茨の道にも、私なりの覚悟をしていたつもりだったのに。



外聞に囚われてすぐに、何よりも大切なモノから逃げ出してしまって。




それでも貴方は寛大な心と優しい香りで、ふわりと私を包み込んでくれた。




迷惑だけを掛けてもなお、その広い胸でギュッと抱き締めてくれたから…。





時間は埋められなくても、キョリなら必ず埋まると信じて疑わなかった。




それほど幸せを与えて貰って、私は甘く考えすぎていたのかな…?





2人で漸進したいと…、あのトキまでは笑えていたのに…――





< 73/ 226 >