ケータイ小説 野いちご

続きは、社長室で。2

岐路の、始まり。



試練は乗り越えられる者にしか与えないと、誰かに聞いたコトがある。



一山を乗り越えた私はこの先、どんな凸凹道でも進めると思っていて。



貫き通した信念があれば大丈夫だと、そう自信を漲らせていた・・・






「蘭…、準備出来た?」


「あ、うん・・・」


ガチャッ――

バスルームのドアを開けると、腕を組み構える拓海の姿を捉えた。



「ご、ごめんね…」


「いや、行こうか?」


「うん・・・」

以前の冷たさは無く、誘われるような口調で嬉しさが募っていく。




些細すぎる変化を発見する度、もっと強くなれそうな気がしたの…。






「社長、いってらっしゃいませ」


「ありがとうございます」


ロビーに集結していた従業員に、恭しい挨拶で見送られた私たち。



此処では既に社長としての仮面を纏い、丁寧に返している拓海。





あれから一夜を過ごしたのは、グループ傘下にある三ツ星ホテルの一室で。



そうしてホテルをあとにすると、用意されていた車へと乗り込んだ。





< 12/ 226 >