ケータイ小説 野いちご

綺麗なガラス玉

高校生☆



『行ってきまぁす!!』

アタシ,水川 雫 (みずかわ しずく)。今日ゎ,待ちに待った入学式♪頑張って勉強したカラ無事に第一希望の学校へ☆どんな仔がいるのカナ!?






―ガラッッ― アタシゎ一年A組の扉を開けた。静まりかえりみんなアタシを見てる。ケド,すぐに周りの仔と喋り出す。おー!!始めぽぃッッ!!変なコトに感動しながら座席表を見る…と,後ろカラ2番目の窓側―やったぁ♪お喋りできる☆ルンルン気分で席に着くと前の仔に話しかけた。ヤバッッこの仔かゎいー☆その仔の名前ゎ花井 彩里 (はない さいり)名前もかゎいーでしょ!?アタシの唯一の取り柄ゎトモダチになるのが上手いコト☆ダカラ,すぐに仲良しに♪話してたらさ,メチャ気ィ合うし親友になれそぉ☆☆


『おぃ,そこオレの席。邪魔』
上を見上げると色黒美男子が…。初日カラこんな美男子に喋りかけられちゃうなんて…アタシったら幸せ者だなぁ☆
『聞いてんの?ニヤけてなぃで早くどけ。』
えっ!?ニヤけてたぁッッー!!まぢ,はずぃぢゃん。アタシ。あっ。てか,なんか…怒ってる。なんで!?って,アタシのせいだょねιへ!?でも,この人言ってるコトおかしくなぃ!?ここ,アタシの席だょ!!

< 1/ 3 >