ケータイ小説 野いちご

君と過ごす最後の24時間

1.始まり
終わりの始まり



なんで、こんな思い出が頭の中をめぐってるんだろ。


分からない――。




ここは、どこだ?


見慣れない景色。


全体的に白いこの空間は、真ん中が通路になっており、その左右には椅子が並べられている。


縦にも横にもたくさん並べられている。


奥には花がたくさん飾られている、真ん中には写真が飾られている。


写真の前にはお寺とかで見るセットが置いてある。


これは、もしかして葬式?


ここは葬儀場なのか?


誰か親戚が亡くなったのか?


何も聞いてねぇぞ。


奥に飾られた写真をよく見る。


──あれは……俺だ。



< 27/ 34 >