ケータイ小説 野いちご

【短】緊急命令★彼を彼女から救出せよ!!

告白

店を出ても何も話さず、ひたすら歩き続けるモモ。

あたしもそれに、ただ後ろから着いて行くだけ。


な、謎過ぎる…!!

この展開どーいうこと!?


あたしの頭は正にパニック!!


何でモモにバレた?

何で助けられた?

何で怒ってんの?

てゆーかマンゴー先輩はどこ!?




「アイツさ…」


沈黙を先に破ったのはモモだった。


「涼子…浮気してた」


え!?モモ…気付いちゃったんだ。

辛いんでしょ?


モモの気持ちを考えると、うれしいはずなのに全然喜べなかった。


「むしろ本気?俺は暇つぶし程度だったのかも」


顔は見えないけど、背中が悲しみを物語っている。

モモ…?

< 35/ 41 >