ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

初恋は君のために

.
ケー番




まぢ痛いし...



何なのリュウの奴。



元からキレイな顔な
だけに、



切れるとハンパない
ド迫力のリュウ。



てか何で私は
切れられたわけ?



本当わけわかんない



私は苛立ちを隠すように
床に落ちていたクッションを


思いっきりドアに
向かって投げつけた。






< 61/ 303 >