ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

初恋は君のために

.
有名人




この日はたまたま
星が良く見えていて



少し遠くのコンビニに
来ていた。




夜食のお弁当と
パックのジュースが入った袋を腕にぶら下げながら




街灯に照らされた道を
歩く。



ドカっ



まぢで一瞬だった



一瞬すぎて訳わかんないほど....




私のお弁当が
宙にまっていて、
落下するのを唖然と
見ていた。



「私の弁当...」



そんな呟きの後



「うわぁー!!まぢでスイマセン。大丈夫ですか?」



どうやら私に激突
したっぽい人が
散乱したお弁当を
拾い始めた。



てか.この道路の広さで
何で私にぶつかんのさ…




< 15/ 303 >