ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

初恋は君のために

愛と無




「ファイキの溜まり場行くぞ」



一通り落ち着いた私を
見てか、



ジンさんは私を抱えて
立ち上がった。




ジンさんの黒いバイクに私を乗せると



ジンさんはエンジンを
かける。



私はミミズばれになった腕をそっとジンさんの腰に回し、



ジンさんには聞こえないほどの小さな声で

背中に呟いた。



「…好き」




< 100/ 303 >