ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ぼくの 妹 姫

クロス




蕾の転居の手続きは叔父さんが全て整えてくれた




両親を亡くしてから8年間 蕾の世話をしてくれた 父方の叔父



電話で何度も




「蕾を引き取って楓(カエデ)お前、本当に大丈夫か?やって行けるか?」




心配する叔父さんに



「大丈夫だよ。何とかなるさ

それに…ずっと考えてた

父と母が亡くなって蕾と離ればなれになって………

いつか必ず蕾とまた暮らしたいって」




ぼくの言葉に



「そうだな。やっぱり兄妹だもんなぁ。
一緒にいたいよな

両親がいないならなおさらだ

困ったらいつでも助けてやるから」




「ありがとう、叔父さん」




電話で叔父さんと話して


蕾はちゃんと可愛がってもらえたのだと安心した




人の愛情を知らない蕾が



少しでも



誰かに優しくしてもらってた



それは すごい感動だった




叔父さんに本当に心から感謝できた






< 12/ 184 >