ケータイ小説 野いちご

サミシイカラ…ウソツキ

日常



さみしい





寂しい





淋しい





サミシイ…







今まで蓋をしてきた自分の気持ち。気付きたくなかった。



あなたに出会ってしまったから…




あたしは寂しさを隠せなくなる。




許されない恋に溺れる。





< 1/ 107 >