ケータイ小説 野いちご

白いジャージ4 ~先生とlove life~

第1章 -新婚旅行-
◆感動の3次会◆




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





「新垣先生!!矢沢さん!!遅刻ですよ」



音楽室から走ってきた私達に、教頭先生は大声で叫んだ。



「すいません。本当にありがとうございます!!」



先生と私は、手を繋いだまま頭を下げた。




最高の2次会をプレゼントしてくれたゆかりと依子が、私の頭を撫でた。




制服姿の3人で写真を撮った。



「まだまだ高校生に見えるよね、私達」



ゆかりはカメラマンのたっくんに向かって言った。



「う~ん。ギリギリかな?」




たっくんがそう言うと、龍が笑う。



「依子は無理だろ」




1ヶ月後に出産を控えた依子は、マタニティードレスの上に制服の上だけを着ていた。



「いいの。私達は永遠の高校生なんだから」


依子は、お腹を撫でながら言った。



先生は教頭先生と並んで、微笑みながら私達を見ていた。




「本当に月日が経つのは早いですね。新垣先生もすっかり立派な教師になられて」


「いえいえ。まだまだです。これからもよろしくお願いします」




先生と教頭先生の会話が聞こえてくる。







< 19/ 401 >