ケータイ小説 野いちご

白いジャージ4 ~先生とlove life~

第1章 -新婚旅行-
大事件




体の力が抜けていくような感覚。


その場に座り込んで、立てなくなった。




「直、しっかりしろ。大丈夫だから」



その時、私の頭に浮かんだのは、お父さんの顔だった。


お父さんに何かあったんじゃないかと思った。




「直、落ち着いて。今から俺が電話するから」




先生に腕を引っ張られて、ベッドへ寝転んだ。





怖くて怖くて、

手が震える。







お父さんが記憶を失ったあの日のような恐怖が再び私を襲う。





ホテルからの国際電話は時間がかかる。


なかなか繋がらない。




 

< 101/ 401 >