ケータイ小説 野いちご

最強な男達が愛した彼女

学校での出会い
溜まり場



ーーー…


あれ…?
ここって校門じゃん!!

やっぱり、こいつと一緒に帰るのかな?

いやいや、それだけは全力で阻止せねば!!



その阻止する方法を考えていたら……


ドンッ


という音と同時にあたしの鼻が何かに当たった。


いった〜!!


と思い顔を上げてみると…


後ろを振り返っている斎藤和樹と目があった。



ま、まさかさっき当たったのって……

斎藤和樹の背中ーー!!


『ご、ごめんなさい!!』

あたしはいきよい良く頭を下げた。









.

< 30/ 59 >