ケータイ小説 野いちご

君色の空

家庭の事情

「三船、進路調査票、今日は書いてきたんだろうな?」

私の顔を見るなり、進路指導の石井センセイが、『おはよう』も言わずに、睨みを利かせて聞いてきた。

「すいません。忘れてきました…」

またひとつ、ウソをついた。

「またあ!?
お前、家のことも大変だろうけど…。

もう少し…」

「明日は必ず、持ってきますから」

石井センセイの言葉を遮って、そう答えると、教室に向かってスタスタと歩き出した。




< 11/ 230 >