ケータイ小説 野いちご

君の隣~サッカーボールを追いかけて~

1章 高2(1学期)
幼なじみ

「はーいい天気だ」


紺色のジャージに着替えて、背中の半分まで伸びた髪を高い位置でひとつに結ぶ。


4月、今日から高校2年生。


春のさわやかな風を感じて、私は部活のためにグランドに出た。


私、伊藤里穂(りほ)


県立南高校に通う、高校2年生。


サッカー部に入ってます。


ってゆーのは嘘で、サッカー部マネージャーです。


うちの高校は県でも1・2番を争う、サッカーの強豪校。


部員数は、軽く40人は超える。


各学年、毎年10人は入る。


こんなんだから、レギュラーになれるのはほんの一部。


3年間レギュラーになれなくて、部活を終えてく人もいる。


ほぼ毎日練習。


休みなんて、ほとんどない。

< 1/ 660 >