ケータイ小説 野いちご

手のひらの脳

16歳


朝がくる

カーテン越しに朝の青白いおぼろ気な光が見える。
つけられたテレビにはクラシックをBGMにした外国の田舎が流れている。

板山稜子。16歳。引きこもり。

早く目が覚めた訳ではなく昼と夜が逆転しているのだ
朝に眠り、夕方に目が覚め、パソコンに向かう。
ネット上では罵る祖父母、父がいない。唯一の落ち着く場所。


「ブタは飯食うな」
「キチガイ」
「お前も汚い血が流れている」

家族からの言葉に死にたくなった。
ただ家にこもっているだけの自分が嫌で、でも怖くて出られなくて、家族からも嫌われて、部屋を出るのも怖くなった。


< 1/ 7 >