ケータイ小説 野いちご

ピンクなお守り


しばらくはそれなりに平穏な時間を過ごせた

これから起こる事に比べたら平和だった

< 6/ 6 >