ケータイ小説 野いちご

LUNA


小谷チナ

久しぶりにこんなに腹がたつ。

私は、
ナオコをレイプしたやつを見つけて絶対に殺してやる、
そう心に強く誓った。

私は早速、犬塚に電話した。犬塚はやくざだ。うちの親父は某組の組長。
犬塚は親父の部下だ。小さいころからの付き合いでよくかわいがってもらった。

「こんにちわ、犬塚。チナよ、ちょっと相談が。今から会えない?」

「お久しぶりです、お嬢さん。私に相談、ということは何かよからぬことが起きたというところですか?」

「そうよ。うちこれる?」

「すぐに伺います、そうですね、30分後に。」

「わかったわ、お願いね。」
そういって電話を切った。



犬塚は、30分後に私のマンションに来た。1年ぶりくらいかな。

「おー、お嬢さん、こんにちわ。ますますお美しくなられて。
さてさて、一体、どうされました?お嬢さん。」

「冗談はいいわよ、実は…。」

私は犬塚に経緯を話した。

「そういうことですか、その犯人を捕まえたいと。ふむ。」
犬塚は考えこんでいる。

「手がかりは、お嬢さんのお友達の証言だけか。なかなか難しいな。」

「お願い、私の親友なの。こんな私と仲良くしてくれるすごいいい子なの。
絶対にそいつを捕まえたい。協力して!」
私は犬塚に頼み込んだ。

「お嬢さん、お嬢さんの親友は私にとっても宝です。絶対に許しませんよ、その鬼畜野郎は。」
犬塚はすごい形相をしている。普段はいかしたおじ様って感じだが、怒ると本当に怖い。
まぁ、やくざだからあたりまえか。

「任せてください。うちの若いもんに情報集めさせときます。何かわかったらすぐに連絡しますんで。」
そういって犬塚は帰っていった。


< 17/ 20 >