ケータイ小説 野いちご

“俺様”大家の王国

他の住人
憂鬱な探偵達

 


……今回の依頼は、いつになく厄介だ。

もっとも、楽な依頼など、ほとんどありはしないのだけれども。
 
探偵達は、それぞれの持ち場につき、深い溜め息を吐いた。
 
それこそ、彼等の仕事は、

華やかなミステリー小説やドラマの世界とは、かけ離れていた。


今度の依頼は、人探しである。

それも、家出した大女優の娘ときた。
 
まあ、家出した本人の理由はどうであれ、

彼女の居場所を突き止め、書類にまとめて依頼人に提出すれば、

それで終わる話だ。

彼女は、家出後も変わらず、きちんと大学に通っているらしいので、

すぐに済むだろうと高をくくっていた。
 
しかし、依頼人の情報の少なさには、本当に参った。

何しろ、自分の娘が通っている大学の場所はおろか名前すら、

把握していなかったのだ。

その上、連絡先も知らないのだという。

それにはほとほと、呆れ返った。

どんな親子関係なんだと。



< 173/ 534 >