ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

続きは、社長室で。

威光の、始まり。



「ッ・・・」

浅く、深く、息を求めている私。



未だに忙しない呼吸は、行為の激しさを体現していて。


宥めようとも、湧き上がる熱とシルシが阻んでいく。


そんな身体を辛いと感じつつも、心は浮き足立っていた。



それはきっと、グッと引き寄せる腕のせい・・・




あれから…、何度果てていたのだろう。


受け止めるコトに必死で、それさえ覚えてイナイ。


それほど濃密で、トキを忘れさせるモノだった。



拓海にすべてをなぞられ、弄られて・・・


何も考えられず、すべてが葬り去られていたほどで。



“素”の自分でいられるコトの尊さを、改めて学べたと思う。




でも本当は…、想いとは裏腹の恐怖が両立していた。



今までからは信じ難い、この進展が怖い――



私の現状は、瀬戸際に立たされているようなモノで。


互いの婚約者の件がありながら、幸せを噛み締めてはいられない。


齎される代償に屈しておきながら、都合が良すぎる。



思いは実るのか、はたまた萎れてしまうのか――



またしても、負の考えを巡らせているなんて。


貴方には何も、言えないけれど・・・






< 181/ 266 >