ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

続きは、社長室で。

惑乱の、始まり。



ギュッ――

強く、強く、拓海の胸に収められている。



熱を帯びたホワイトムスクの香りは、濃厚な蜜のよう・・・




「っ・・・」

涙が止まらず、何も言えない自分が腹立たしい。



もうこれ以上…、引き寄せたりしないで?


この温かさと安らぎは、狂わせる手助けになるの――




「今まで…、分からなかったのか?」


「何がっ・・・?」


鼓膜を揺らすような声が、また期待を膨らませる。


ドクン、ドクンと激しい鼓動も、援護するかのようで。


貴方の肌に触れていると、ストッパーなど消滅してしまう。



封印させたハズの想いが、溢れ出そうだよ・・・




「俺はオマエを…」


「っ…、やめて――!」


ゆっくりと紡がれていた言葉を、声を荒げて遮った私。



「蘭・・・?」


怒気を含まない声色で、名前を呼ばれたあとで。


引き寄せていた腕の力は弱まり、キョリが少し広がった。


彼の両手によって、手首を押さえつけられた状態に変わる。



否が応にも注がれる視線もまた、無力な私を捕らえて・・・






< 170/ 266 >