ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

続きは、社長室で。

契機の、始まり。



殆ど一睡も出来ぬまま、早朝から行動を始めた。


いつもより入念な、身支度をするため。



メイクは、華やかな仕上がりにして。


ヘアも特別に、緩い巻き髪を下ろしたまま。


いつもの地味な、グレーのスーツではなくて。


ライトベージュのスカートスタイルにした。


だって今日で、最後かもしれない。




貴方のためにお洒落して、着飾れるのは・・・




「っ…やだっ、メイクが剥げちゃう・・・」


自嘲しつつも、涙はずっと止められなくて。


同時に、悲しみだけが込み上げる。



「…っ・・・うっ・・」


別離なんて、したくない。


貴方の傍で、ずっと生きていたい。




でも、それは叶わナイの・・・


夢なんて、いつかは醒めるモノ。




「・・っく・・・」


いつまでも泣いてたら、ダメなのに。



決断をしたのは、他でもない自分だから。






< 114/ 266 >