ケータイ小説 野いちご

題名のない怖い話

赤いランドセル



 「ママとパパってチーズ好き?」

 「うん、好きだよ」

 「じゃぁ侑ちゃんものせる!」




 テーブルには夫、淳平が作ったコーヒーと

愛娘の侑のためのチーズをのせた食パンとココア、

そして私、恭子のパンが並べてある。

加藤家の朝はいつも和やかである。



 
 侑は食べ物を口につめこんで、口のまわりにチーズをつけた。

それを私はティッシュでふいてあげる。

その時、侑はココアを半分だけ飲んで椅子から立ちあがった。

そして急ぐようにリビングから、2階の部屋まで走り去った。



ドッ ドッ ドッ ドッ




 階段を登る音がリビングに響く。




「侑~?どこへ行くの?ココアをちゃんと飲むのよっ」

「侑?何しに行ったんだい?」



ドッ ドッ ドッ ドッ ドッ



すぐに階段を勢いよく侑が下りてきた。

ちょっと息を切らした侑が聞いた。




「ママ!侑ちゃん、赤色似合う!?」



 
 ユウの背中には新品で

ピカピカの

赤いランドセルが背負われていた。

侑はいきいきした笑顔で笑っている。









< 1/ 14 >