ケータイ小説 野いちご

戦国サイダー

一帖 茜色

サイダーみたいな恋がしたい、と誰かが言っていた。



しゅわっとはじけて、刺激的で。



しゅわっとはじけて、どこか儚くて。



夏が似合う、淡い恋。





そんな恋、ない――


 

< 3/ 495 >