ケータイ小説 野いちご

純愛バトラー

【其の壱】執事、就任す
姫とロマンス

 絵理はオレの顔をまじまじと見つめている。
 思った通り、簡単そうだな。

「お嬢様?私の顔に何か?」

 にっこり笑って問いかける。

「す、すまぬ。無作法であったな。そなたの顔があまりにも美しかったので、つい見とれてしまった。許せ」

 絵理は真っ赤になり、俯いて視線を外した。
 動揺しているのか、声に落ち着きがない。

 やれやれ。

 こうあっけないと面白味に欠けるが、そこまで贅沢は言ってられないな。

< 5/ 401 >