ケータイ小説 野いちご

傍らに、キミ・・・だったらいいのに

Prologue

中学生の時、

私が片想いしてたのは、

サッカー部のイケメンさん。

歳は同じで、背は高く

運動神経ばっちりで、

成績もそれなりに良い。

優しくて

誰にでも分け隔てなく接する

まさに理想の男の子。

< 1/ 4 >