ケータイ小説 野いちご

Bitter

第二話  春霖





——初めて自転車に乗れた時



抱きしめてくれた

あのぬくもりを





今も

忘れることが
  できないの
















【2】春霖



< 7/ 245 >