ケータイ小説 野いちご

紅い記憶

小さな手掛かり

11月25日 朝。稔の携帯電話が鳴った。


「・・・はい。」

稔が眠たそうな声で電話にでる。


「あ・・・あの・・・私・・・あの・・そちらに月山桜さんいらっしゃいますか・・。」


相手は女性だ。緊張しているせいか、声が乏しい。



「え・・・失礼ですが、どちら様ですか?」



「あ・・・。すみません。私・・・月山・・・百合というものです。月山桜の・・・母です・・・。」



予想だにしなかった返答に、驚きを隠せない稔。稔の様子がいつもと違うことに気づいた桜が、稔の方へ寄ってきた。


「お母さん!?・・・・そ・・・そうですか。はい、います。少々お待ちください・・・。」




稔は珍しくおどおどしながら桜に携帯電話を渡した。そして桜のお母さんと思われる人からの電話だと伝えると、桜も少し緊張しながら電話口に出た。



「・・・・お電話かわりました・・・。月山桜です。」


「桜!?本当に桜なの!?・・・・・今までごめんなさい!!!」


「え・・・・あの・・いきなり謝られても・・・。私、記憶喪失なんです。」



桜の言葉に驚く百合。


「あら・・・。そうなの・・・、でも私のことを覚えていなくてもいい。会いたいわ。」



桜は稔の方をちらっと見て、勇気を出して返事をした。


「はい。わかりました。」



桜の返事がうれしかったようだ。百合は時間と場所を告げ、電話を切った。




電話が終わると、稔は心配そうに桜を見つめていた。桜は稔の方を向き直り、今日の夕方待ち合わせをしたことを伝える。

時間は今日の18時、場所は東京タワーの正面だった。



< 101/ 102 >