ケータイ小説 野いちご

僕にキが訪れる

9.暴れん坊の救世主

あれから、何日が経ったろう?

3日程経ったろうか。

時間の感覚に疎くなっていた。

あの日から僕は、眠くなっては寝て、起きては自らを傷つける。そしてまた寝る。

そんな生活を続けていた。

食事はほとんど取っていない。

取らなくても平気だった。

窓からわずかに差し込む日光を体が養分としているのだろうか。

植物ならそれも不思議ではない。

ただ、喉だけは無性に乾いたので、水は飲んでいた。

これも、植物となっていっている証拠なのだろう。

< 133/ 206 >