ケータイ小説 野いちご

薔薇の欠片

Rose――Ui
何処にキスして欲しい?





「僕が君を殺しても、


 君は僕を愛してくれる?」




それは夢と同じ台詞だった。


夢では、戸惑っていた私。


拒絶し続けていた。

恐いと思った。



だけど、

もう大丈夫。



彼は片頬だけ上げて笑ってみせた。




「始めからから、こうするつもりだったんだよ。

吸血鬼は本当は何も食べなくても生きていけるんだ。

ただ、暇なんだよ。
代わり映えのしない毎日。


だから、“遊び”として人を狩る」




そう冷たく言い放つ、彼を

嫌いになれないのは、なんでかな。



私を、狩ると彼は言っているのに、

今なら逃げ出せるかもしれないのに。



“やめて”と言うことができるのに。




< 56/ 201 >