ケータイ小説 野いちご

薔薇の欠片

Rose――Ui
おやすみなさいのキスを



夢をみた。

あのときみたいな、夢。



檻の中から救い出してくれたのは、

紛れもなく彼だった。



吸血鬼。



握られた手のひらからは体温は感じられなかった。


だけど、

私の体が熱くなっていくのがわかる。



ずっと待ち望んでいた。

貴方に連れ出されることを。



私の手を引く彼が途中でピタリと止まる。


限りなく白い世界。


邪魔なものは無く、見えるのは彼と白の世界だけ。


何も言わず振り向く彼。


銀色の瞳に見つめられた私は動くことができなかった。



そんな私を彼がそっと抱きしめる。


耳元でそっと囁かれた言葉。



「憂」



いつもは“さん”付けの私の名前を呼ぶ。


私はただ、頷くだけだ。



「僕のこと、好き?」



小さな子供が甘えるような声で訊ねる彼。


そんな台詞が、あまりにも現実とかけ離れていたせいか、私はすぐには答えることができなかった。



< 37/ 201 >