ケータイ小説 野いちご

薔薇の欠片

Rose――Ui
海原の淡水人魚




ほとんどは賭けだった。


彼が吸血鬼だと言う決定的な証拠はない。


目の色だって偶然薄い色だったり、牙のように尖った歯なのかもしれない。



だから、私が彼のことを“吸血鬼”と呼んだときに、思いっきり馬鹿にして笑ってほしかった。



だけど、



今私の目の前にいる玲さんの瞳は紛れもない銀色だ。



「貴方は、軽蔑しないんですか?」



否定は、しなかった。


それは、肯定ととらえてもいいのだろうか。


そう考えるが、私の答えはすぐに出た。



「しません」



そう言う私を見て、試すように彼は言った。



「僕が貴方を殺してしまうかもしれないのに?」



決定的な一言だった。


彼の口からそんな言葉が出るとは思わなかった。


だけど、それでもひるまない。




< 21/ 201 >