ケータイ小説 野いちご

見えない罪と、月

4.rage

深い森の中、月が綺麗な夜。

愛する者は傷つけられた。


「ねえ、嘘でしょう?」



4.rage

< 52/ 97 >