ケータイ小説 野いちご

OL社内規程

書庫

偶然、書庫の前、

高瀬に出くわした。


本当は、そのまま通りすぎればよかったんだけど・・・



「ちょっと、いい?」

「何?」

「いいから。」


高瀬を書庫へと押し込む。



「何?より戻したいとか?」


す~っと、彼の顔が近付いてくる。


「ばっ、ばか。何言ってんのよ。」


あわててそれを押しもどし、

冷静さを取りもどす。


「あのねえ、あんた・・・。」

「何か最近すごく冷たいね。」

「だから、・・・あのねえ・・。」

「最近、綺麗になったよな。」

「だから・・・。」



やばい、高瀬のペースに飲み込まれそう。



「俺はいいよ。

やりなおしても。」



「えっ?!」




< 8/ 97 >