ケータイ小説 野いちご

OL社内規程

相談役―過去と現在

5時のチャイムが鳴った。



今日はさっさと帰ろう。



相談役の仕事はない。




そう、思っていたのだが・・・



「いや~、悪かったね。

せっかくの金曜日なのに。」



山本部長がすまなさそうに言う。


本とにすまないと思ってはいないだろうーけど・・。


他の女性社員はみな、そそくさと


『用事が・・・』


と言って帰って行った。


用事ね・・・私にはないし・・・


部長ももうすぐ定年。

団塊の世代。


入社して10年――お世話になった。



若い社員の中には、彼ら団塊の世代の上司を嫌う声も多い。


実際、影の相談役としていろんな声を聞いた。


難しい人達も多いし、今の人たちよりも苦労してる分、ガマン強くて勤勉で仕事もできる。

学ぶことも多い。


だから、そういう人達と働けることが少なくなると思うと少しさびしく・・・





やっぱ、最後のご奉公でしょ。




そんな感じで残業。。。。


< 37/ 97 >