ケータイ小説 野いちご

雅 - MIYABI - *さみ短2*

第1部


 私、藤倉 八重(フジクラ ヤエ)17歳 ピチピチの花盛り♪

 だけど、彼氏はいないよ。

 うんっとね、…作らないの。

 だって、男は…ねぇ。

 いいの、私には璃花がいるから♪

 彼女は、私の幼馴染みであり心友の桃谷 璃花(モモタニ リンカ)。

 今まで色々な事に助けてもらってるの。

 だけど

 私達は、この春でお別れ。

 馴れ親しんだ赤いスカーフを巻いた白地のセーラー服

 門を潜ると太く大きなソメイヨシノ 通称千年桜がある学校、桜華学院を卒業。

それぞれ別の道に歩む事に。

 彼女は、ずっと憧れだったエステシャンの仕事に就くんだって。

 私はね、特にやりたい事もなかったから伯父様のいるオフィスで、事務をする事に。

 あっ、コネはあるけど ちゃんと試験はパスしたのよ。

 話が逸れて来ちゃったかしら?

 私達は、最後に思い出作りにという事で京都へ行く計画を遂行中。

 「八重~、最高の思い出作ろうね☆」

 「そうだね♪ それはいいけどさ、先ずは期末テストでしょ」

 「うっ…。」

 「大丈夫、赤点さえ採らなければいいんだから…ね♪」

 「八重~、勉強教えて~(泣)」

 「しょうがないなぁ」

 学校を後にし私と璃花は街中を歩きながら語らう



 璃花の家にいたら、いつの間にか空は橙色

 「じゃ、今日はここまでね」

 「う、うん」

 「大丈夫♪やるだけの事はやったんだから 晴れて京都へ行くんでしょ?」

 「そうだね 私、京都へ行ったら絶対にやりたい事があるの」

 「何?」

 「それは、お楽しみ(笑)」




< 1/ 16 >