ケータイ小説 野いちご

必要性

壱章


――――あれは来るべき瞬間の予兆だったのかもしれない。





なら、私は現代に意味をなしていなかったの――――?





壱章*幕末への予兆


< 11/ 49 >