ケータイ小説 野いちご

泣き虫なあたし。

一章
訪問。



そのあと、

水樹と話すことがなく、3日経った。

水樹は陸とも
別れたまんまで、

私は水樹とケンカして終わってて、


何もできないで
いた。


「大丈夫か…?」


『華兎…』


華兎は私のことを
スゴく心配してくれていて、

本当に水樹が
離れた私にとって華兎は安心できる存在だった。


「なぁ…今日俺んち来ねぇ…?…あっそういう意味とかではなく…なんていうんだろ…あのさ…」


『いいよ?じゃあ帰ってから行くね?』


華兎はあまりにも
あっけない返事に驚いたようだった。

ポカンって言う言葉が本当に合うと思う。


「マジで?よっしゃっじゃあ帰ったら高石公園集合な?」


本当に華兎は

嬉しそうで…素直で…
私は騙してるみたいな気がして心苦しかった。




< 33/ 201 >