ケータイ小説 野いちご

【実話】ただ、普通の幸せがほしかった

第一章 ブスだからいじめられるの?
帰り道

「起立!礼!さようなら」

帰りのホームルームが終わり教室をでた。

下校時間は、
私の一番好きな時間だった。


一緒に帰る友達がいなくても、
学校から出られることが何より嬉しかった。


「早く家に帰ろう」

上履きから靴にはきかえ学校を出ると


後ろから同じクラスの紺野さんと大沢さんと北村さんが声をかけてきた。


「ねぇ、未央ちゃん一緒に帰らない?」

「えっ、別にいいけど…」


今まで一緒に帰ろうと誘ってくれた人がいない分嬉しかった、でも私には、疑問だった。

「何でだろう?」


「何かされるのかな…」

< 51/ 216 >