ケータイ小説 野いちご

優しい嘘

エピローグ






―あれから3年、

俊光と雪依は結婚したという噂を聞いた。




テレビで俊光を見ると、違和感があった。



彼女も彼の番組に出演した。

どうやらプロデビューするらしい。


二人一緒にいる姿は智江には絶対に入れない、

何か見えない糸で繋がっている何かがあった。



あの土下座して頼んでいた時から、感じていた。


二人は凄く幸せそうだった。


あの時、
自分がもし彼女を家に入れていなければ―



もし、二人目の子を生んでいれば―



あそこには自分がいたのかもしれない。



けれど、後悔しても仕方がない。




私には、瑠美がいる。



「ただいま~!お腹好いた!何かある?!」


「瑠美!行儀悪いわよ!手洗いなさい!」


瑠美はどんどん明るく、元気に育っている。




月に一度、瑠美は俊光に合っている。


「あ!お父さんだ!何これ、格好つけて」


今では瑠美は俊光を父親として愛している。



自分の決断は間違ってはいなかった。






別れてからお互いが思いあえる家族もいるのだ。





―あなたの幸せを

ずっと



ずっと願っている…





―fin―





< 42/ 42 >