ケータイ小説 野いちご

優しい嘘

愛人



俊光は多くの生徒を抱えていた。


彼なりのルールがあり、音大受験生、音大生以上、それなりのレベルがなければ生徒は受付てはいなかった。


ある日、中学生程の女の子が弟子にしてほしい、と家に訪ねて来た。


その時俊光は家にはいなく、後で彼に伝えると、その子は前にも来ていたらしい。


「ああ、あいつしつこいんだよ。ガキは教えないって言ってあるから」

「可哀想じゃない、何か必死だったわよ」


「いいんだ」



その時はそれで話は終わった。



しかし、また彼女は訪ねて来て、
雨だった為つい家に入れてしまった。


「あなた、あの子がまた来ましたよ」



俊光は彼女を見ると、
怒鳴り初めた。


「何度も言ってるだろ!ガキは教えない!帰れ!」

すると彼女は土下座をした。

「お願いします!!せめてピアノを聞いて下さい!それから判断して下さい!」


何となく智江はこの光景を見てはいけない気がして、自分の部屋に戻った。


―まだ幼い彼女のあの必死な瞳は、智江の心に残っていた。





< 11/ 42 >