ケータイ小説 野いちご

憂鬱な姫君 (姫シリーズVol.5)

第1幕
優男の正体

AQUAにつくと、入場制限がされており、外にも長い行列が出来ていた

4人は、車を降り、裏口へと向って歩いていた

「あっ・・ バック・・」

ココは車にクラッチバックを忘れたことに気がついた

「レン、Key貸して! バック忘れちゃった!」

「どんくせ~なぁ 早く来いよ?」

レンは、ココにkeyを投げ渡し、ココはそれをキャッチするとUターンしてパーキングまで戻っていいった

ココは、助手席とサイドブレーキの隙間にすっぽりはまっていたバックを持ち、店の正面口を通り過ぎ、裏口へ周ろうとした時だった

「お前、今日のボランティア最高だったな~」

どこかで聞き覚えのある声に足を止めた

すると、並んでいる列に数名のクラスメイトの姿があるではないか

そして、その中心に、あの心優しい堀君の姿が見えた

ココは彼らの数組後ろにそーっと並んでみることにした

ほんの好奇心で・・・

周囲はかなりガヤガヤしているので、ココは耳をダンボにして聞き耳を立てた

「こいつ、今日あの東野と相合傘して駅まで帰ったんだぜ!」

「まじで!! そこまでする? 俺は無理~ アレと同類って見られたくね~」

好き勝手にいってるクラスメイト達

< 8/ 202 >