ケータイ小説 野いちご

憂鬱な姫君 (姫シリーズVol.5)

第2幕
廉の友達

ここは神山さんの自宅兼アトリエで、都内から車で1時間弱の場所らしく、今日はレン兄の高校時代、つまりモデル時代の連れの集まりだったらしいことがわかった

神山さんの他に、モデルの汐音(シオン)さん・静音(シズネ)さん姉妹と謙信(ケンシン)さん

この三人は言われてみれば雑誌で見たことがある気がする

まだ見習いだけど、メーキャップアーティストのGenさん

スタイリスト見習いのレオさんの5人がいた

みんな高校の同級生で、今でもこうやって時間を作っては飲んだりしているらしい

私にはそんな友達はいないし、もう半分過ぎた高校生活の中で出来るとも思わない

だからか、ちょっと羨ましくもなった

「それにしても、本当うまく隠してたよな~」

とココの顔をまじまじ見るGenさん

「本当・・ だから私達を実家に呼んでくれなかったのね~」

と汐音さん

「・・・うるせい」

とレンはグラスを口につける

「レンがシスコンとはね~ でも、本当にジョーと双子なの?」

とココの顔を覗き込んでくる謙信に思わず身を引いてしまう

「謙信~ ドサクサにまぎれて顔近すぎ~」

と謙信の後頭部を叩く静音

「あ・・ バレたか・・」

と謙信は少し身を引いたものの、相変わらずココの顔を眺めていた





< 42/ 202 >