ケータイ小説 野いちご

ヤンデレ彼氏に監禁されて

終わりを望んでいようとも、いざその場面に出くわせば困惑するものだ




(一)


監禁、七日目の午後三時


「はい。今度はイチゴだよ」


あーん、とか言う人にはよく飽きないなぁと、呆れかえっている今日この頃


とりあえずは、引きつりそうになる口を開けて、チョコでコーティングされたイチゴをくわえた


「次、何にする?」


長い串を持って、意気揚々な彼

何でもいいと言えば、テーブルにあった果物全部を串にさして、チョコ鍋に泳がせていた


今、やっているのはチョコフォンデュだ


イチゴとかの定番的な果物や、マシュマロなんかも置いてある


コーティング用のチョコなんて、食えんのかこれ、並みに量があった


そんな材料は、全て先ほど届いたもの


ついでと言えば、チョコフォンデュ専用の鍋とコンロまで宅配で来た



< 188/ 270 >