ケータイ小説 野いちご

生徒vsテロリスト?




「そろそろ帰ろっか。」


トランプしたり、お菓子を食べたり、
罰ゲームで踊らせれたり、鬼ごっこで走り回ったり…


色々して疲れた沙弥は、そう提案した。


「…そうだな。さすがに疲れたわ。」


と、金石も同意する。


水華や木本も、疲れた様子でうなずく。


「じゃあ…」


沙弥がそう言いかけた瞬間、


校内にたくさんの悲鳴が響いた―――…



< 9/ 320 >