ケータイ小説 野いちご

生徒vsテロリスト?

1st game:Quiz of Intelligence
Quiz.2




少しの間があって、


『さて―――…』


とゼロが再び話し始めた。


「また何かあるのかよ」


木本はイライラしている。


一方の沙弥は、もう青ざめてはいなかった。


(過去は過去。今は今。
今やるべきことを第一に考えないと。)


と割りきったのだ。


そんな沙弥を、
金石は不安げに見ていた。


一方、水華は、
「もう沙弥は大丈夫だ」と思っていた。


沙弥は強い子なんだ、と分かっていたからだ。


『ウォーミングアップも、
このクイズで終わりですよ…

【謎解き】をしていただきます。』



< 40/ 320 >