ケータイ小説 野いちご

キミと、世界の果てまで。

Scene2 秘めた力と共に




「それがミライの決意、それでいいんだな?」



「いいから、だから―――」




早く、あたしに助ける方法を教えて。


そう口にしようとした言葉は、下の方から轟いた、大きな爆発音によって掻き消された。


驚いたあたしは、咄嗟に変わり果てた地球の方に顔を向ける。




「ヤベェな、もうそろそろタイムオーバーって訳か」



「え?」




レンが何を口にしているのかが、理解できない。


タイムオーバーという事は、最早この地球は―――




「…レン!!」




その先を考えたくなくて、あたしはレンの胸に置いていた手を耳に移動させ、必死に叫びながら耳元を塞いだ。




.

< 21/ 312 >