ケータイ小説 野いちご

皎皎天中月

第一章 城下晴天也
杏家





「ただ今、戻りました」

 恵孝は、薬屋の帳簿をつける母に声をかけた。富幸はその覇気のない声の理由を考える。恵孝の、引きずるような足取りの理由を考える。

「母さん、」
 呼びかけたは良いが、何を続けたら良いのか解らない。

「足を洗って着替えて、お爺様を手伝いなさい」
 幼い子に言うように話し、富幸は帳簿に目を落とす。そしてそっと息を吐いた。――恵弾は戻らず、恵孝はあんな顔で帰って来た。これは何か、悪いことが起こったのやも知れない。


 白衣に袖を通し、戸を引く。
「若先生、」
 その先は診察室の待合所で、見知った顔が恵孝を待ち構える。好奇の目と共に。

「杏先生がお城にしょっぴかれたんだってね」
「何があったんだい、まだお城にいるのかい」
 矢継ぎ早に続く質問。恵孝は申し訳なさそうに眉を下げた。

< 28/ 176 >