ケータイ小説 野いちご

ご主人様はイケメン三兄弟!?

第4章 家庭教師
満の条件

ピピピピピー


いつもの時間に、いつものお決まりのアラーム音。


「う~ん。」


まだはっきり目が開かない状態で、アラームを止めようと、目覚まし時計を探すと、


…何かに当たった。


大きい物体が同じベットの中にいる。


ん?


目を凝らしてよく見ると、頭の形が見えた。



人だ!!!!!





「キャーーーーーー!!!!!!」


< 62/ 212 >